オイリー部分と乾燥部分の差がある混合肌

未分類 0 Comments

私の肌はオイリーな部分と乾燥する部分に差がある混合肌です。おでこ・鼻・あごのいわゆるTゾーンは脂浮きが多くすぐにテカテカ、目の周りやほほは乾燥してカサつくという状態です。

いつも困るのが、ファンデーションや基礎化粧品の質をどちらに設定すればよいかです。オイリーに向いているもの、乾燥肌に向いているものがたいていのメーカーから出ていますが、一つで混合肌をカバーできるものは少ないのです。

しかし、部分部分で塗り替える為に2種類用意するのも不経済です。混合用でお気に入りのものにあまり出会えていません。私は洗顔後に脂浮きが激しい部分には、DHCのアクネコントロールローションでTゾーンを拭き取ってから、保湿成分のある化粧水で顔全体をしっとりさせます。アクネコントロールなのでニキビを予防する用のローションですが、拭き取りタイプであるということと、使い心地がかなりさっぱりして古い角質とともに余分な皮脂も取り除かれていると体感できるので、そういう使い方をしています。値段もお手頃です。定価で1300円ほどですが、使う範囲が狭いのと大量にぱしゃぱしゃつけるわけでは無いので数か月と長持ちします。乳液はベタつきが気になる時にはTゾーンは避けて使います。

お化粧の時は、仕上げのフェイスパウダーを必ず使います。日中も過剰な皮脂で化粧崩れが気になる時は、脂取り紙で取った後にフェイスパウダーを使います。多めにつけても白くなったり粉っぽくならないよう、自分の肌色に合ったカラーの選び方には気を遣います。光沢が出るようなパウダーだと、鼻まわりのハイライト効果もあるので便利です。現在はKATEのフェイスパウダーを使っています。こちらも定価1500円ほどと、とてもお手頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です